>> トップページに戻る

平成30年7月豪雨対策型・追加公募情報  > 平成30年度被災地域販路開拓支援事業小規模事業者持続化補助金 > 持続化補助金〈平成30年7月豪雨対策型・追加公募分〉公募開始

平成30年度被災地域販路開拓支援事業小規模事業者持続化補助金の公募を開始します。 2018年12月26日

目的
平成30年6月28日から7月8日にかけて中国地方を中心に生じた記録的な大雨(以下「平成30年7月豪雨」という。)は、甚大な被害が生じた災害であり、特に、災害救助法適用市町村のある1府10県(岐阜県・京都府・兵庫県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・愛媛県・高知県・福岡県)(以下「被災地域」という。)において、多くの小規模事業者が、生産設備や販売拠点の流出・損壊や、顧客や販路の喪失という状況に直面しています。
 こうした小規模事業者の事業再建を支援するため、上記「被災地域」を対象とする本補助事業を実施し、早期に新たな経営計画を作成し、事業再建に取り組むのにあたり、経営計画に沿って販路開拓に取り組むのに要する経費の一部を補助するものです。


概要
平成30年7月豪雨により被災した小規模事業者が、商工会・商工会議所の助言等を受けて早期に新たな経営計画を作成し、その計画に沿って販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。

(注1)
小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(商業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。
(注2)
商工会会員、非会員を問わず、応募可能です。
(注3)
平成30年度予備費予算・小規模事業者持続化補助金で採択を受け、補助事業を実施した者は対象外となります。
(注4)
補助対象経費300万円の支出の場合、その2/3の200万円を補助します。また、補助対象経費450万円の支出の場合には、その2/3は300万円となりますが、補助する金額は、補助上限額である200万円となります。

1.受付開始
平成30年12月26日(水)

2.受付締切
第1次受付締切 平成31年1月31日(木)締切日当日消印有効
第2次受付締切 平成31年4月10日(水)締切日当日消印有効

※申し込みにあたり、補助金申請者が所在する地区の商工会・商工会議所で書類を確認する作業が必要のため、締切日まで余裕を持った日程で、商工会・商工会議所にご相談ください。

3.申請書提出先・問い合わせ先:
補助金申請者が所在する商工会連合会
※詳細は公募要領をご覧ください。
名 称 岡山県商工会連合会(担当:三宅、中桐)
住 所 〒700-0817 岡山県岡山市北区弓之町4番-19-401号
電話番号 086-238-5666
◇問い合わせの対応時間は、9:00〜12:00、13:00〜17:00(土日祝日除く)となります。

4.応募方法:
応募にあたっては、公募要領をご覧いただき、申請書様式により提出して下さい。




中小企業庁HP
http://www.chusho.meti.go.jp/hojyokin/index.htm


平成30年7月豪雨対策型・追加公募要領 (PDF形式 1.29 MB)
申請書 (ZIP形式 144.44 KB)
補助事業の手引き、記載例 (ZIP形式 1.34 MB)